Latest posts.

2013/03/11

Open Reel Ensemble 〜回典〜

Open Reel Ensemble_回典_1


Open Reel Ensemble「回典」 の装丁・デザインをさせていただきました。
書店に行った際は是非!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
旧式のオープンリール式磁気録音機を現代のデジタル機器と組み合わせ、楽器として演奏する、世界的にも稀有な音楽プロジェクト、Open Reel Ensemble。彼らの独創的な活動を紐解く書籍「回典 ~En-Cyclepedia~」が、3月12日に発売される。

2009年に活動を開始して以来、リールの回転や動作を手やコンピュータで操作し、その場でテープに録音した音を用いながらアンサンブルで音楽を奏でる独自のスタイルでライヴや音源制作を行い、メディア・アートと音楽シーンの双方で注目を集める彼ら。この書籍はその魅力をさまざまな角度から検証および紹介する、彼らの〈取扱説明書〉とも呼べる内容で、録音メディアの歴史を辿りながら、大友良英、宇川直宏、菊地成孔、zAk、高木正勝といった豪華ゲストと対話していく第一章、いままで語られることのなかった結成秘話や機構システム/奏法を解説する第二章、オープンリールのまだ見ぬ未来の可能性を探る第三章で構成される。

さらに彼らが本作限りのプロジェクトであるOpen Reel Orchestraとなって、四楽章構成の新曲“Cyclatrous”を披露するドキュメント+ライヴDVDも同梱。21台のオープンリールデッキを駆使した演奏の様子と、実験場面やリハーサルの模様を捉えた〈The Way to Cyclatrous〉など、収録時間58分の見応えある作品となっている。その斬新なアイディアと圧倒的なパフォーマンスをまとめた、唯一無二のアイテムとなりそうだ。詳細は以下の通り。

〈Open Reel Ensemble 「回典 ~En-Cyclepedia~」収録内容〉
【BOOK】
第一章 オープンリールアンサンブルとは何者か
・特別対談:松岡正剛×和田永「人はなぜ回転に惹かれるのか?」
・オープンリールアンサンブル×ゲスト座談:大友良英、宇川直宏、菊地成孔、zAk、高木正勝
・録音メディアの系譜、コラム:原克「カバーを剥ぎとれ」、畠中実「メディアアートとしてのオープンリール(仮)」

第二章 オープンリールアンサンブルの現在
・オープンリールアンサンブルができるまで
・「USBオープンリール」取扱説明書:メンバーによる機構システムと奏法の図解
・スプツニ子!のオープンリールアンサンブル1日体験

第三章 オープンリールの未来像
・1ダースのプレゼンテーション:架空の12のプロジェクト
・構想 Case1
Open Reel Orchestraへの道
・構想 Case2
「REEL TRANCE HALL」検証座談会:ORE×トラフ建築設計事務所×山元(co-lab)
・未来のプロジェクトのためのアイデアスケッチ集

【DVD】
En-Cyclepedia DVD「特転~Cyclatrous(第一楽章~第四楽章)」 by Open Reel Orchestra
楽曲タイトル:
“Cyclatrous”
1st movement
2nd movement
3rd movement
4th movement

2013/01/07

新年あけましておめでとうございます

e3818ae5b9b4e8b380

遅くなってしまいましたが、新年あめましておめでとうございます!!
本年も何卒よろしくお願い致します。
今年は、飛躍の年にしよう!! と
毎年思う事ではございますが、そんなピンっと張った感じの
年明けでございます。来年も飛躍の年にします!!
今年も、パイレーツ・オブ・デザイン-TYMOTEは
時代の荒波?さざ波?をかき分けながら
デザインのお仕事、またはアート活動を
一生懸命取り組ませて頂きます。
お仕事関係の皆様、同業、友人の皆様、家族の皆様
昨年に続きまして、温かいご支援を頂けますと幸いです。
いつも本当にありがとうございます。



それでは、大変簡単な文章ではございますが
TYMOTEからの新年のご挨拶とさせて頂きます。

なるようになるって!!

是非

2012/11/09

WAD Magazine #54


wad-54
現在発売中のWAD Magazine にて
いろいろな時計を分解したグラフィックを作らさせて頂きました!
6ページ!本屋さんに寄った際は是非見てください!

WAD Magazine


2012/06/27

JACKET WORKS

jacket works
2012年6月28日(木)から7月16日(月)まで、プロダクションレーベル「Lowpro Design」による展覧会
「JACKET WORKS」が代々木VILLAGE by kurkku 内ギャラリースペース「blind gallery」にて開催されます。

10組のアーティストが、Lowpro Designが手がけるファッションレーベル「Work Not Work」の
プレ・オーガニックピュアコットンを使用したジャケットをキャンバスとし制作したアートピースを展示・販売します。

【参加アーティスト】
石沢彰一(押忍!手芸部) / KYOTARO / CODE;C / Simon Taylor / INOUE JUN
TYMOTE / Hogalee / Maico Akiba / Yuko Kondo / yoshi47

お近くに寄った際は是非!

Lowpro Design Presents 『JACKET WORKS』

2012/04/28

SOUNDWORKS



こんにちは。ティモテ音の担当村井です。
よく「村井君てTYMOTEで何やってるの?仕事してるの?仕事あるの?」なんて言われるのですが
ちゃんとやってるアピールを、この場をお借りしましてさせて頂きます。

以下最近のものから順に

~~~~~PANASONIC Lumix GF-5~~~~~



Composition: Satoshi Murai (TYMOTE / ALT ) ,Pavut Acoustic Music Office

Guitar & Bass: Satoshi Murai (TYMOTE / ALT )

Vocal: YOK

Piano: Marei Suyama (Pavut Acoustic Music Office)


同じCMの別バージョン



Composition: Satoshi Murai ( TYMOTE / ALT ) ,Pavut Acoustic Music Office

Guitar & Bass: Satoshi Murai ( TYMOTE / ALT )

Vocal: nonci ( ALT )

Piano: Marei Suyama (Pavut Acoustic Music Office)

~~~~~~

~~~~~PANASONIC FUTURE CRAFT~~~~~





これはドラフト安田君CALF橋本新さんとのお仕事です。


~~~~~~

~~~~~ほぼ日刊イトイ新聞「ボールのようなことば」~~~~~



~~~~~~

お名前掲載に了承得ている方だけクレジットに記載させていただきました。
他にも多くの素晴らしい人たち、先輩方に支えられて完成させることが出来ました。
TYMOTE一同、大変感謝感涙しております。今後とも何卒何卒是非、、、、!!!

まだまだありますが、動画をパッと載せられるモノだけチョイスさせて頂きました。
他、多くはWEBであったり展覧会であったりという感じなのですが
是非こちらからチェックして頂けると幸いです。


tymote.jp/sound-works


長文乱文雑文失礼いたしました!!2012年も飛ばして参ります、是非!!

2012/04/04

MONOPURI

monopuri

minnaと一緒に1年間かけてPhoenixという商品を作りました!
4月10日火曜日に恵比寿a-GALLERYとgallery deux poissonsにて発表します。
是非お越し下さい!!


モノとプリントが共存することで、1つのプロダクトが出来上がるプロジェクト
『MONOPURI(モノプリ)』がプロダクトブランドとしてスタートします。

プリント技術の進歩によって「素材を問わずプリントする」ことが可能になりました。
一方で、これまでのモノとプリントの関係は、「モノを完成させる。次にプリントをする」
というように担当が分かれており、バトンタッチしていくような感覚で行われているようなものがほとんどでした。

『MONOPURI』では、「モノを活かすためのプリント、プリントを活かすためのモノ」というように、
平面を考える人と立体を考える人が一緒になって新しいプロダクトを考えます。

今回のテーマは「START/スタート」。グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー、イラストレーター、
タイポグラファー、フォトグラファーなど12組のクリエイターが参加しました。


<参加クリエイター>

小林 幹也  × 榮 良太

三星 安澄  × カタオカデザインワークス

梶本 博司  × オオノ・マユミ

mute  × 大野 彩芽

minna  × TYMOTE

参/MILE  × 太田 拓実


『モノプリ展「スタートのきもち」WITH EBISU』

■テーマ: 「START(スタート)」

■会期: 2012年4月10日(火)~15日(日)

■展示メイン会場: a-GALLERY  東京都渋谷区恵比寿南2-12-19 1F

※JR恵比寿駅より徒歩6分、地下鉄日比谷線恵比寿駅より徒歩3分

■販売会場:下記のウェブサイトをご確認ください。

■ウェブサイト: http://monopuri.jp/

■Facebookイベントページ: http://www.facebook.com/events/274108022668647/

2012/03/06

最近のお知らせ

431763_333277023384739_311467372232371_950613_939447190_n
伊勢丹“花々祭”

2月29日より、新宿伊勢丹にて春のイベント“花々祭”が始まりました。
TYMOTEでは店内装飾・ショーウィンドウで展開されるグラフィックと映像を制作しました。
モネの描いた和洋折衷の美しい庭園を、“風光る庭”と題し、現代の印象派としての視覚表現を行いました。
3月末まで開催されてますので、お近くに行かれる際は是非ご覧ください!!
http://www.isetan.co.jp/

また、新宿伊勢丹以外にも
京都伊勢丹大阪三越伊勢丹新潟伊勢丹福岡岩田屋札幌三越札幌丸井今井
の6店舗でも見る事が出来ます。こちらもお近くの方は是非!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
new

NEWSEUM?

いきものがかり
の最新アルバムNEWTRALに同封されている“NEWSEUM?”という
アーティストポストカードの企画に参加させていただきました。
10組のアーティスト・デザイナーが作った10枚のオリジナルポストカードのうち1枚をTYMOTEでデザインしています。
買われた方は、是非ご覧ください!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
via
via2
VIA BUS STOP MUSEUM “Letter to you Letter from you”

3月2日より代官山VIA BUS STOP MUSEUMにてイベント“Letter to you Letter from you”が始まりました。
「手紙の和を繋ぎ、コミュニケーションを大切にしたい」をメインメッセージに、店舗のショーウィンドウをデザインしました。
今回はFirm. by Kazunori Matsumuraの松村さんとコラボレーションさせていただき、
大量の封筒とメッセージカードを使ったインスタレーションを制作しました。
こちらは3月18日までの開催となっております!!是非ご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Fragment “Polygonair”

Whte-screen.jpにFragment “Polygonair”制作の裏話を掲載させていただきました。是非ご覧ください!
レトロなデジタルグラフィックMV! TYMOTEが手掛けたFragment “Polygonair”制作過程の裏側!!

2012/01/23

Cut,Paste,Collective.

20120120_collage_v

実は夏あたりからコツコツとやっておりましたコラージュテクニック本が遂に発売となりました!!
いつも何かとお世話になっています大野彩芽(http://www.ayameono.com/)さんとの共同著書です。

本を作る大変さ、作り方を伝える大変さというものを
存分に感じる事が出来ました。

その中で、拝見された方に作る楽しさが伝わればと思っております。
今回新たに作った10数点(でしたっけ)、の他にも
ここ1年くらいの事例なども紹介していたりと、スキの無い構成となっております。
ご一読ください。

是非書店にて。

amazon
BNN新社

関係者の皆々様、重ね重ね御礼ブ厚く申し上げます。

2012/01/19

iPhone アプリ “FOODROP”


foodrop_iphone1




TYMOTEでビジュアル周りを制作させていただいたiPhone用アプリ “FOODROP” がリリースされました。
とても便利で楽しいアプリですので、是非使ってみてください!ダウンロード無料です!
Facebookページでは、食にまつわるいろんな話題が展開されていいて面白いです。そちらも是非!

Appダウンロードはこちら http://itunes.apple.com/jp/app/foodrop/id492164385
PC版『FOODROP』http://foodrop.com/
Facebookページ http://www.facebook.com/foodrop



あなたが食べた「おいしい料理」を共有しよう
=======================================
Foodropは、あなたが出逢ったおいしい料理、食べたい料理を共有し、世界中の人と作り上げるソーシャルメニューブックです。
このメニューブックを開けば、あなたの気分にあった食べたい料理と出逢うことができます。

■特徴
・自分だけのオリジナルメニューブック
あなたが出逢ったおいしい料理の写真を撮るだけで、見た目もステキなオリジナルのメニューブックができます。Foodropの中で出逢った食べたい料理も保存できるので、食べたい料理も忘れることはありません。

・料理がもっとおいしく撮れるカメラ
暗い店内や、照明の光で美味しそうにとれなかった写真でも、ボタンひとつで簡単においしそうな写真に加工できます。

・Twitter,Facebookの友達に共有
自分の食べたおいしい料理の写真やFoodropの中で見つけた食べたい料理を友達に教えてあげることができます。

・料理写真から食べたい料理に出逢える
Foodropを開くと皆がおススメするおいしい料理の写真がたくさん!現在地周辺で、その日の気分にあった料理も直感的に出逢えます。

※i Phone4/4S推奨
—————–

2012/01/02

あけましておめでとうございます。

Happy New Year!!
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は皆様のおかげで大変充実した年となりました。まことに有難く厚く御礼申し上げます。
本年も、より一層ものづくりに励んで参りますので、何卒 何卒 よろしくお願い申し上げます。
是非

TYMOTE