Posts from 8月 2008.

2008/08/25

THE ECHO 開催まで、あと〜 です。

近頃は雨、雨、ですね。
ひんやりとした、肌寒さに秋の到来を感じます。
そんなわけで、早速新しいマフラーを買いに行きました。
センチメンタルティモテです。
さて、先日お伝えしたTHE ECHOですが、印刷物がもろもろ刷り上がってきました。
出来上がったものを見て、ホッ…としているライスハイ飯高氏です。
今回出来上がったポスターやパンフレットは、色んな所で配られています。
特に、日本全国津々浦々〜アニエスベーさんの全店舗にポスターが貼られるそうです。
うれしいですね。
そんな印刷物をチラッと…
チラチラっと…!

是非是非、探してみてください。
夏カゼには、しそジュースを!是非。

2008/08/19

甲子園決勝17—0って、是非。

甲子園が終わってしまい、夏の終わりを感じている TYMOTE です。ティモテと読みます。
甲子園決勝戦、最終回だけ見る事ができたんですが、17点取られるのは、辛いな〜。
決勝まで来たって事で、もう後は自分たちの楽しい野球をしよう的な話も試合前にあっただろうに。
17点も取られたらちょっと気まずかったかもな〜。
なんて思ってしまった元キャッチャーです。
しかし、決勝に行ったってのは、やはり凄い事です。
君たちの人生これからだぞ!! 頑張れ!!
野球あがりは何故か駅員になる奴が多いぞ!! それも素敵だ!!
という訳でこの夏はオリンピックもあったりでスポーッッな夏ですね。
なんせあのナデシコJapanに、小学校からの顔なじみが出ているんですから凄いんです。
確かに、小学校から凄かったー。もう足が早すぎてもう足がもう…。
彼女に胸を張って挨拶できる様にも、僕らもJapanを目指します!!
その時には僕らも、モテモテTYMOTEと呼ばれるのでしょう。
ちなみに、tymote.jp の SEO には “メンバーが全員イケメン” という keyword が入っておりますので、
是非この言葉で検索した際には tymote.jp がトップヒットで出てくるよう、
皆様の協力をお願い致します。
では、
元気出していきましょう!!
それではよろしくお願い致します。
是非!!

2008/08/11

「ロン・ミュエック」展へ。日本海を渡る

『ロン・ミュエック』展を見に、金沢21世紀美術館へ行って参りました。


「これは見に行かねばならぬ」と夏前に決めていまして、先に潜入捜査してしまった飯高プンクト氏を置き、
石井氏と井口氏と金沢に飛び立ったのですが、

いあや〜、やっぱり見に行った甲斐がありました。

ストレートにすごいと思わせてくれる感じが、潔く気持ちよくて、ワースゲーとか言っちゃったり、
踊り狂っちゃってみたりで、少年の様に楽しめました。




リアルだとかそういう話じゃなくて、なんというか、凄いセンスでした。
顔の表情や、細かい指の動き、皮の張り、たるみ、などは、見る側の記憶だとか経験を使って見せているし、
空間に置いた時の存在の仕方が、作る前からそこに置かれる事を考えられていたかの様な… 感じとか、
見る人を楽しませる工夫が、シンプルだけれど巧みで、
ミュエックさんは、ほんまもんのエンターティナーやな〜と感じました。

小さい人間や、大きい人間が、本当に目の間にいると認知してしまう事で、気を抜いて見ていると本能的に
ドキッッッッ!! ゾクッッッッッ!! っとしてしまって、それが楽しくて、何回も気を抜いて見た次第です。
あと、個人的には凄く接近し鑑賞し、動いてしまったらどうしようと思ってドキッッッッッ!!っとするのも
オススメな見方であります。
見に行く予定のある人は是非!!

その後
金沢の海へ寄り道し、初、日本海を泳ぐ。
金沢の海の幸に、鼻血ブーっ!!な井口氏。高額を出したのに水着がダサい石井氏でした。
今回の旅で、藝術と海の密接な関係性 – かのラッセンの精神をかいま見たTYMOTEでした。

Let’s Summer Vacation !!
それではよろしくお願い致します。
是非!!

2008/08/06

クリスマスの代官山です。今年もTHE SIX !!

日焼けを心から楽しめています。ティモテです。
さて、この暑さの中想像もしにくいのですが、クリスマスに THE SIX というイベントが代官山に
舞い降ります。そのクリエイティブとして TYMOTE が参加です。毎度!!
去年は非常に抽象的なビジュアル展開で、一部には意味分からんと腐ったトマトを投げつけられた
ティモさんでしたが、YES 今年も抽象!!です。
全ては THE SIX を想うが故です。
今年は写真を使いたいという事で、気鋭のアーティスト冨山太一さんに協力を。
イメージ通りの絵でして、一同興奮。あなたの心がこのような情景を映し出すんですね?素敵です。
という事で、写真の強さに負けないよう、胸を借りるつもりでビジュアル作っていこうと考えています。
デキあがりはイカほどに!!僕らも楽しみです。
今年の THE SIX クリエイティブは冨山君以外にも様々な人に協力してもらっています。
今だからこそ絡める人達ばかりで、そういう繋がりができて、あ〜やってきて良かったな”ぁ〜と幸せを感じます。
これからも末永くよろしくお願いします。御ひいきに。
webも制作段階ですがupしました。ご確認を
→ THE SIX  http://www.the-six.jp
次回はまた晴れの日に。
それではよろしくお願い致します。
是非!!